トップ > 関連法規解説 > ドラフトチャンバー(局所排気装置)・排ガス処理装置等に関する法規

ドラフトチャンバー(局所排気装置)・排ガス処理装置等に関する法規

ドラフトチャンバー(局所排気装置)・排ガス処理装置等については、その検査の時期、項目、
検査の記録について、下記のように定められています。

労働安全衛生法

第45条:定期自主検査
事業者は定期に自主検査を行い、結果を記録しておかなければならない。

労働安全衛生法施工令

第15条:定期に自主検査を行うべき機械等
9項:局所排気装置、プッシュプル型換気装置、除じん装置、排ガス処理装置及び排液処理装置で、厚生労働省令で定めるもの

有機溶剤中毒予防規則

第20条:局所排気装置の定期自主検査
事業者は1年以内ごとに1回、定期自主検査を行わなければならない。
第21条:定期自主検査の記録
事業者は自主検査の記録を3年間保存しなければならない。

特定化学物質障害予防規則

第30条:定期自主検査
事業者は1年以内ごとに1回、定期自主検査を行わなければならない。
第32条:定期自主検査の記録
事業者は自主検査の記録を3年間保存しなければならない。

法令の詳細については、厚生労働省法令等データベースサービスの「第5編 労働基準 第2章 安全衛生」をご覧下さい。

関連リンク
局所排気装置のメンテナンス  排ガス処理装置メンテナンス

メンテナンスの流れ
あらゆるメーカーの設備に対応。

知ってますか?
問題解決のヒント

まずはお気軽にご相談ください
専門のスタッフがお答えします

[お問い合わせ]東京:03-5148-8615、大阪:06-6268-8777、名古屋:052-569-2832、広島:082-530-4013、九州:092-411-2880 月~金 9:00~12:00/13:00~17:00

お問い合わせフォーム

ページトップへ

関連法規解説
実験室に関する法規
ドラフトチャンバー(局所排気装置)・排ガス処理装置等に関する法規
バイオハザード対策用キャビネットに関する法規