メンテナンス機器一覧

機器一覧トップへ メンテナンスまでの流れを見る
ドラフトチャンバー(ヒュームフード)
  • ドラフトチャンバー(ヒュームフード)
  • スクラバー式ドラフト
  • 活性炭式ドラフト
  • ダクトレスフード
排ガス処理装置
  • 湿式排ガス処理装置(スクラバー)
  • 乾式排ガス処理装置
    (活性炭ユニット・脱臭装置)
クリーン関係
  • クリーンベンチ・クリーンブース
  • クリーンルーム
  • クリーンドラフト
バイオハザード・ナノマテリアル
(ケミカルハザード)関係
  • バイオハザード対策用キャビネット
  • ナノマテリアル対策キャビネット
    (ケミカルハザード対策キャビネット)
恒温・恒温恒湿室・低温室
  • 恒温室
  • 恒温恒湿室
  • 低温室
作業環境測定
  • デザイン・サンプリング
  • 分析
  • 評価
  • 報告

ドラフトチャンバー(ヒュームフード)

トラブル内容

ドラフトチャンバー(局所排気装置)に法的な点検はありますか。

解決事例

ございます。労働安全衛生法、有機溶剤中毒予防規則、特定化学物質障害予防規則により定められており1年以内ごとに1回、定期自主検査が必要です。 関連法規ページへ

トラブル内容

ドラフトが排気していないようです。

解決事例

単純な不具合の場合、ドラフトや排風機(排気ファン)のブレーカが過電流等で落ちている可能性があります。ご確認ください。 また、排風機(排気ファン)のVベルトが切れている可能性もあります。一度ご確認ください。

トラブル内容

ドラフトを動かしているのですが、周辺から薬品のにおいがします。

解決事例

ドラフトが正常に稼働していない可能性があります。上記、「ドラフトが排気していないようです。」をご確認ください。

トラブル内容

作業環境測定を実施しているのですが、局所排気装置定期自主検査を実施する必要はありますか。

解決事例

必要です。作業環境測定と定期自主検査は別々の法規になります。作業環境測定は室内の空間の状況を、定期自主検査は局所排気装置の性能をそれぞれ確認するための測定や検査になります。

トラブル内容

自分達でできることはありますか。

解決事例

定期自主検査は管理者が実施するものとして指針があります。ただし、測定機器の用意やその校正、点検内容も難しいものがあるため、弊社のような点検業者への相談や依頼をお勧めいたします。

トラブル内容

電源を入れると「ピーッ」っと音が鳴るのですが原因は何ですか。

解決事例

ドラフト周辺の不具合が考えられます。排風機(排気ファン)の不具合の可能性もあります。ご相談ください。 メールでのお問い合わせ拠点一覧

トラブル内容

吸込み口に吸込み防止ネットを取り付けられますか。

解決事例

可能です。お問い合わせメールもしくは拠点へご連絡ください。他社メーカーについてもご相談ください。 メールでのお問い合わせ拠点一覧

トラブル内容

照明器具のLED化はできますか。

解決事例

可能です。お問い合わせメールもしくは拠点へご連絡ください。他社メーカーについてもご相談ください。 メールでのお問い合わせ拠点一覧

トラブル内容

あとから取り付けられるオプションはありますか。

解決事例

pH計や風速計など、いくつかの商品がございます。ご希望をお気軽にご相談ください。ご意向に合う商品等をご提案させていただきます。

湿式排ガス処理装置(スクラバー)

トラブル内容

湿式排ガス処理装置(スクラバー)の水の交換は必要ですか。また、必要な場合、交換の頻度を教えてください。

解決事例

室内置きの湿式排ガス処理装置(スクラバー)は定期的な水槽の水の交換が必要です。日々のpH 管理をしつつ、半年に1回、3ヶ月に1回、1ヶ月に1回等、汚れてきたら交換することで処理能力を保つことができます。

トラブル内容

湿式排ガス処理装置(スクラバー)の充填材の交換周期はどれくらいですか。

解決事例

基本的には、弊社にご依頼いただき、充填材の洗浄を定期的に実施することで数年で交換が必要になることはありません。点検等で劣化を確認できた場合に交換をお勧めいたします。

トラブル内容

電源を入れると「ピーッ」っと音が鳴るのですが原因は何ですか。

解決事例

スクラバー式ドラフトの場合、循環ポンプの不具合の可能性が考えられます。弊社へお問い合わせください。なお、排風機(排気ファン)等、排気に関わる可能性もありますので注意が必要です。 メールでのお問い合わせ拠点一覧

トラブル内容

循環ポンプの交換はできますか。

解決事例

可能です。故障した場合は一式の交換が必要になります。お問い合わせください。 メールでのお問い合わせ拠点一覧

乾式排ガス処理装置(活性炭ユニット・脱臭装置)

トラブル内容

活性炭の交換頻度はどれくらいですか。

解決事例

正確な交換時期の判定は困難ですが、活性炭の劣化分析(有償)をすることである程度、時期を推定することが可能です。ただし、局所排気装置の点検が1年以内ごとに1回と定められておりますので、点検に合わせて交換することをお勧めいたします。

クリーンベンチ・クリーンブース

トラブル内容

クリーンベンチ・クリーンブースは法令上、点検の義務がありますか。

解決事例

ありません。ただし、クリーンベンチ・クリーンブースにはJIS規格があり、適正な能力の範囲が決まっています。その範囲内に収まっているかを確認する点検は重要です。

トラブル内容

ガスバーナーが着火しないのですが、原因は何ですか。

解決事例

装置が運転していることを確認してください。運転中にも関わらず点火しない場合は、ガスバーナー本体・フットスイッチ・電磁弁の不良が考えられます。また、念のため、ガスの元栓が開いているかをご確認ください。

トラブル内容

清浄度が悪い気がします。

解決事例

機器の能力低下が考えられます。HEPAフィルタの劣化による漏れ(リーク)、つまりによる風速低下、その他、ファンの不具合による風速低下等の原因が考えられます。

トラブル内容

HEPAフィルタ交換時期はどれくらいですか。

解決事例

ご使用状況にもよりますが、2~3年を目安にお考えください。なお、殺菌灯により劣化が早まる場合があります。

トラブル内容

HEPAフィルタは自分で交換ができますか。

解決事例

枠は頑丈ですが、中のろ材は変形しやすく、破けやすくなっています。ご依頼いただくことをお勧めいたします。

トラブル内容

運転できません。なぜですか。

解決事例

機器の故障も考えられますが、コンセントの抜けやブレーカが過電流で落ちていること等もありえます。一度ご確認ください。

バイオハザード対策用キャビネット

トラブル内容

点検頻度を教えてください。法的な必要性はありますか。

解決事例

感染症法により点検・維持管理が義務化されています。定期的な点検や年1回以上の点検が必要とあります。

トラブル内容

ガスバーナーが着火しないのですが、原因は何ですか。

解決事例

装置が運転していることを確認してください。運転中にも関わらず点火しない場合は、ガスバーナー本体・フットスイッチ・電磁弁の不良が考えられます。また、念のため、ガスの元栓が開いているかをご確認ください。

トラブル内容

HEPAフィルタの交換時期を教えてください。

解決事例

ご使用状況にもよりますが、2~3年を目安にお考えください。

トラブル内容

運転できません。なぜですか。

解決事例

機器の故障も考えられますが、コンセントの抜けやブレーカが過電流で落ちていること等もありえます。一度ご確認ください。

恒温室・恒温恒湿室・低温室

トラブル内容

点検作業にどれくらいの時間がかかりますか。機器を止める必要はありますか。

解決事例

作業は半日から1日が一般的です。その間、ルームの機能を止めますので、温湿度の変化が起こります。修繕等で止める時間が長くなることが予想されるときは、事前の準備(試料の移動等)が必要です。

トラブル内容

点検作業は必要ですか。

解決事例

定期的な点検が必要です。冷媒が適正量かどうかの確認はとても重要です。その他、温度や湿度が表示値と一致しているかどうか。温度が適正な範囲で制御されているかも重要です。

トラブル内容

温度が下がらないのですが、原因は何ですか。

解決事例

コンプレッサーの故障等、空調機の故障が考えられます。また、冷媒が漏れていることも考えられます。点検をお勧めいたします。

その他

トラブル内容

修理をお願いすることはできますか。

解決事例

可能です。弊社取扱製品であれば他社メーカーも対応可能です。ご相談ください。

トラブル内容

異なる機器を同日に点検できますか。

解決事例

可能です。機器の台数や種類により、効率の良い日程の組み合わせや内容をご提案いたします。組み合わせ方によっては、費用を抑えられる場合もあります。

トラブル内容

作業はどれくらい前に依頼をしたらいいですか。どのように依頼をすればいいですか。

解決事例

メール等にてお問い合わせいただくか、お近くの拠点に電話・FAXにてお問い合わせください。北海道はダルトンの支店でご対応いたします。納期に関しまして、1ヶ月以上かかる場合もございます。余裕を持ったご依頼をお願いいたします。

トラブル内容

点検時に他機器の不具合を確認いただくことは可能でしょうか。

解決事例

可能です。事前にお話をいただければ、あらかじめご準備いたします。また、作業日当日に判明した不具合箇所も可能な限り特定するよう善処いたします。

トラブル内容

機器が動かないようです。調査をお願いすることは可能ですか。調査費用はかかりますか。

解決事例

調査は可能です。調査費用が発生いたしますが、内容(台数、各拠点からの距離等)によってはいただかない場合もございます。詳しくは弊社までお問い合わせください。

メンテナンスまでの流れ

  • Step 01

    お問い合わせ

    メールやお電話にてお問い合わせください。

    ※お近くの拠点は下記リンクよりご確認ください。

    お問い合わせ フォームへ 拠点一覧
  • Step 02

    内容確認

    お問い合わせ内容をご確認のうえ、状況に応じて現地調査を実施させていただきます。

  • Step 03

    お見積り

    お客さまのご依頼に応じたお見積り書をご案内いたします。 弊社からのご提案や推奨する事項等を含む場合もございます。

  • Step 04

    ご注文

    お見積り内容をご確認いただき、ご注文書を送付いただきます。 (郵送・メール・Fax等媒体は問いません。)

  • Step 05

    施工

    ご注文書の受領後、実施日時を調整させていただき、作業を実施いたします。

    ※部材の手配が必要な場合はご注文時期にご留意ください。

  • Step 06

    作業結果報告

    作業実施後、結果をまとめた報告書をご提出いたします。

    ※作業時に判明した不具合等については後日改めてお見積りいたします。

まずはお気軽に
ご相談ください
専門のスタッフがお答えします

メール

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

お電話での
お問い合わせ

拠点一覧