メンテナンス機器一覧

機器一覧トップへ メンテナンスまでの流れを見る
ドラフトチャンバー(ヒュームフード)
  • ドラフトチャンバー(ヒュームフード)
  • スクラバー式ドラフト
  • 活性炭式ドラフト
  • ダクトレスフード
排ガス処理装置
  • 湿式排ガス処理装置(スクラバー)
  • 乾式排ガス処理装置
    (活性炭ユニット・脱臭装置)
クリーン関係
  • クリーンベンチ・クリーンブース
  • クリーンルーム
  • クリーンドラフト
バイオハザード・ナノマテリアル
(ケミカルハザード)関係
  • バイオハザード対策用キャビネット
  • ナノマテリアル対策キャビネット
    (ケミカルハザード対策キャビネット)
恒温・恒温恒湿室・低温室
  • 恒温室
  • 恒温恒湿室
  • 低温室
作業環境測定
  • デザイン・サンプリング
  • 分析
  • 評価
  • 報告

科学研究施設の保守・点検 ダルトンメンテナンス

実績ある高い技術力で、 さまざまなメーカーの機器に 対応いたします。

Equipment list メンテナンス機器一覧

さまざまなメーカーの機器に対応しています。

ドラフトチャンバー(ヒュームフード) ドラフトチャンバー(ヒュームフード)
  • ドラフトチャンバー(ヒュームフード)
  • スクラバー式ドラフト
  • 活性炭式ドラフト
  • ダクトレスフード
排ガス処理装置 排ガス処理装置
  • 湿式排ガス処理装置(スクラバー)
  • 乾式排ガス処理装置(活性炭ユニット・脱臭装置)
クリーン関係 クリーン関係
  • クリーンベンチ・クリーンブース
  • クリーンルーム
  • クリーンドラフト
バイオハザード・ナノマテリアル(ケミカルハザード)関係 バイオハザード・ナノマテリアル(ケミカルハザード)関係
  • バイオハザード対策用キャビネット
  • ナノマテリアル対策キャビネット(ケミカルハザード対策キャビネット)
恒温室・恒温恒湿室・低温室 恒温室・恒温恒湿室・低温室
  • 恒温室・恒温恒湿室・低温室
作業環境測定(仲介)
  • デザイン・サンプリング
  • 分析
  • 評価
  • 報告

Troubleshooting よくあるご質問 (トラブルシューティング)

お客さまより寄せられるお問い合わせの中から特に多いお問い合わせをご紹介いたします。

ドラフトチャンバー (局所排気装置)に 法的に必要な点検は ありますか。
ございます。 労働安全衛生法 ・有機溶剤中毒予防規則 ・特定化学物質障害予防規則 等により定められており、 1年以内ごとに1回の 定期自主検査が必要です。
ドラフトチャンバーが排気していないようです。
単純な不具合の場合、ドラフトや排風機(排気ファン)のブレーカが過電流等で落ちている可能性があります。また、排風機(排気ファン)のVベルトが切れている可能性もあります。一度ご確認ください。
ドラフトチャンバーが排気していないようです。
スクラバーの水槽の水の交換は必要ですか。
室内置きのスクラバーは定期的な水槽の水の交換が必要です。日々のpH 管理をしつつ、半年に1回、3ヶ月に1回、1月に1回等、汚れてきたら交換することで処理効率を保つことができます。
スクラバーの水槽の水の交換は必要ですか。
クリーンベンチの清浄度が悪い気がします。
機器の能力低下が考えられます。HEPAフィルタの劣化によるリーク、つまりによる風速低下が考えられます。 その他、ファンの不具合による風速低下などもあります。
機器が動かないようです。調査をお願いすることは可能ですか。調査費用はかかりますか。
調査は可能です。調査費用が発生いたしますが、内容(台数、各拠点からの距離等)によってはいただかない場合もございます。詳しくは弊社までお問い合わせください。

Equipment ラボにおける
メンテナンスが
必要な機器

まずはお気軽に
ご相談ください
専門のスタッフがお答えします

メール

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

お電話での
お問い合わせ

拠点一覧