メンテナンス機器一覧

機器一覧トップへ メンテナンスまでの流れを見る
ドラフトチャンバー(ヒュームフード)
  • ドラフトチャンバー(ヒュームフード)
  • スクラバー式ドラフト
  • 活性炭式ドラフト
  • ダクトレスフード
排ガス処理装置
  • 湿式排ガス処理装置(スクラバー)
  • 乾式排ガス処理装置
    (活性炭ユニット・脱臭装置)
クリーン関係
  • クリーンベンチ・クリーンブース
  • クリーンルーム
  • クリーンドラフト
バイオハザード・ナノマテリアル
(ケミカルハザード)関係
  • バイオハザード対策用キャビネット
  • ナノマテリアル対策キャビネット
    (ケミカルハザード対策キャビネット)
恒温・恒温恒湿室・低温室
  • 恒温室
  • 恒温恒湿室
  • 低温室
作業環境測定
  • デザイン・サンプリング
  • 分析
  • 評価
  • 報告

恒温室・恒温恒湿室・低温室
他社製品対応可能

推奨メンテナンス実施時期1年に1回
点検項目
外観検査(室外機他)、動作確認、制御盤確認(電気検査)、冷凍器(冷却器)点検、加熱器点検、コンデンサ点検、加湿器点検、除湿装置点検、配管確認、安全装置点検

メンテナンス工程

  • 室外機点検

    冷媒の漏れを確認します。 冷媒が漏れると、室内を適正に冷やす(暖める)ことができなくなります。

  • 室外機洗浄

    室外機が汚れると熱効率が悪くなり、室内が冷えにくく(暖まりにくく)なります。洗浄をすることで改善することができます。

  • 点検中

    電気系統の点検を実施します。定期的な測定により故障を未然に防げる場合があります。

  • 点検中

    温度等は実際の室温と表示に差異がないかを確認します。

まずはお気軽に
ご相談ください
専門のスタッフがお答えします

メール

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

お電話での
お問い合わせ

拠点一覧